1. 日本酒

  2. 温めて飲むお酒

  3. 冷して飲むお酒

  4. 常温で飲むお酒

  5. いろいろな飲み方で楽しむお酒

  6. 城陽酒造のお酒

  7. 青木酒造のお酒

  1. Joyo Shuzo Co.,Ltd. (English)

  2. Aoki Shuzo Co.,Ltd. (English)

  3. 青木酒造

  4. 城陽酒造

  1. カツオのたたき

    鰹のたたき

  2. ヨーグルトと梅酒

    梅酒ヨーグルト

  3. 茄子の漬物と日本酒

    水茄子の浅漬け

  4. エビの頭と日本酒

    海老のあたまの素揚げ

  5. サバと日本酒

    鰆の西京味噌焼き

  6. トマトと合う日本酒

    冷やしトマト

  7. ウインナーには日本酒

    粒マスタード

  8. サンドウィッチにも日本酒

    野菜サンドイッチ

  9. ビワと日本酒

    琵琶

  10. トマトと日本酒

    完熟トマト

  11. エビチリに日本酒

    海老のチリソース

  12. きな粉と日本酒

    きなこプリン

  1. 日本酒基礎講座 第8期募集開始!

  2. 第6期日本酒基礎講座が終了しました!

  3. 日本酒基礎講座第7期 大好評募集中!

  4. 4月10日(日)11:00~12:00 オンラインセミナー開催:事前送付した梅酒と厳選ナッ…

  5. 銀座交通会館マルシェの出店は3月12日(土)と3月26日(土)

  6. 2022年2月13日第14回オンラインセミナーを開催しました!

  7. 銀座交通会館マルシェ出店は2月19日(土)と26日(土)!!

  8. 寒い日には鍋と燗で…!

  9. 銀座交通会館マルシェ出店は1月22日(土)と29日(土)!!

  10. 日本酒基礎講座 1月開講!

  11. 日本酒基礎講座(オンライン)第6期開講します!

  12. マルシェで大好評!村上先生デザインの片口!

300年以上の歴史を持ち、数々の受賞酒を醸す 「米鶴酒造」のお酒を酒の駅オンラインショップと銀座交通会館マルシェでお取り扱い開始

酒の駅合同会社(京都府京都市下京区)は、「吟醸王国」山形県で300年以上の歴史を持つ米鶴酒造株式会社(山形県東置賜郡高畠町)の日本酒の取り扱いを、酒の駅オンラインショップおよび銀座交通会館マルシェにおいて開始いたします。

お米の栽培からこだわりをもち、お酒を醸す米鶴酒造。「さわやかさ」とともに「香り、味、切れ」が高いレベルでのバランスのよさがきれいに表現されているお酒を醸されている酒造会社です。酒の駅は、熟成酒のすばらしさを一人でも多くの方に体感していただきたく、このたび、酒の駅オンラインショップでも販売を開始し、また銀座交通会館マルシェでもお買い求めいただけることとなりました。今後とも日本酒のさらなる可能性とともに、この美味しさを一人でも多くの方に伝えられるよう努めてまいります。

酒の駅は、軒下に飾られた杉玉をイメージしたロゴが示すとおり、酒・ひと・食・文化・世界を意味する5つの玉が路線図のようにつながり、あたかも肩を組んで輪になった人々のように強くつながっていくように、酒の駅は「つなぐ」をキーワードに、日本酒を通じて縁を結ぶ存在を目指してまいります。

■酒の駅合同会社 https://sakenoeki.com/
酒の駅合同会社(京都府京都市下京区)は、日本酒の美味しさとその楽しみ方を、伝統文化とともに、より多くの人々に伝えることを目的として2018年10月1日(日本酒の日)に設立され、酒類の国内外での販売・教育およびオンラインショップの運営をしています。「米の声を聴き、醪の顔を見ながら、酒を醸す。蔵人によって生みだされる「生命の雫」を多くの人に味わってほしい。楽しんでほしい。」その思いを強く、酒の駅は、酒、ひと、食、文化、世界をつなぎます。

■酒の駅オンラインショップ https://www.sakestation.com/
酒の駅オンラインショップは、2020年5月吉日に誕生、蔵人たちの想いが込められたこだわりの地酒だけを取り扱っています。また、日本酒ナビゲーター認定講座「日本酒基礎講座」やテーマを深堀した「酒を味わう会」など、日本酒に関するセミナーも定期的に開催しており、オンラインショップがそのセミナー申込専用サイトの機能も果たしています。

■米鶴酒造株式会社について https://yonetsuru.com/
米鶴酒造株式会社((山形県東置賜郡高畠町)は、元禄末期1704年から酒造りを開始、米沢上杉藩御用酒造としての偉大な歴史をもつ酒造会社です。米鶴酒造初代の情熱は代々受け継がれる一方、米鶴酒造はつねに変革とともに酒造界をリードされています。時代の変遷を経てもなお思いは同じくして「いい酒」を目指し、さらなる高みを求めて日本酒を醸されています。皆様に広く愛されている「さわやかさ」があって「香り、味、切れ」が高い次元でバランスのとれているお酒を醸されている酒造会社です。蔵の伝統や経験、そして常に先進の技術を融合させながら、さらなる高みに向けて飛び続けています。